今ネット上には数え切れないほどの英語のニュースサイトや動画サイトがあり、その中には無料の英語学習サイトまであります。中でも、最近特に注目を浴びているのがスカイプを使ったオンライン英会話です。

 オンライン英会話の中にはネイティブの先生による授業を提供しているものもありますが、そのほとんどはフィリピンを拠点としており、フィリピン人講師によって行われています。

 受講する側(つまり生徒)は、大きくは2つのグループに分けることができます。1つは、英語圏に住んだ経験があって英語をかなり流暢に話す人が、帰国後にそのレベルを維持しようとして利用するケース。もう1つは、国内で勉強している人が会話能力を身に付けたいと考えて利用するケースです。国内で英語を学んでいる人は、ほぼ確実にスピーキングが苦手ですので、そのほとんどは超初心者、もしくは初心者だと考えて良いでしょう。

オンライン英会話の利点

 オンライン英会話の利点は、何といってもマンツーマンで安価に会話の練習ができることです。これまでにも、少人数の授業を行う英会話学校はありましたが、マンツーマンと少人数ではゼロと1ほどの違いがあります。マンツーマンでは100%自分が話さないといけないので、緊張感やリアルに会話しているという感覚がまるで違うからです。

 私も大学の授業でオンライン英会話を導入していますが、普段の授業でいろいろと工夫をしてもあまり反応しない生徒が、オンライン英会話になると別人のように取り組みだすというケースがよくあります。「Say that again?」など、相手の会話をコントロールする表現をメモして用意しておくようにアドバイスすると、つぎの授業ではよく使う表現を自分で調べ、ノートに書いて来たりもします。

 講師を柔軟に変えることができるのも大きな魅力です。なぜなら、講師と学習者の間にはやはり相性(chemistry)というものがあるからです。リアルのマンツーマンであると、そう簡単には講師を変えることができなかったり、気を使ったりもしますが、ネットを介したレッスンであると、比較的気軽に講師を変えることができます。

 費用も魅力的です。国内ではマンツーマンのレッスンはとても高価ですが、オンライン英会話だとは25分あたり500~600円程度と、5分の1ぐらいの費用で学ぶことができます。

ネイティブでなくても効果はある

 このようにいろいろな魅力のあるオンライン英会話ですが、弱点や問題点が無い訳ではありません。その1つに、講師の英語のレベルがあります。フィリピン人講師の英語を聞くと、相当英語に慣れていない人でない限り、流暢そのものにしか聞こえません。しかし、実際にはレベルや質にかなりの違いがあります。

 宣伝では「英語のネイティブによるレッスン」と書いてあるケースや、何気にサイトにブロンドの女性や男性の写真を載せるなどして、さもネイティブの授業っぽい演出をしているところもありますが、実際にはネイティブスピーカーに引けをとらない英語を話す講師はごくわずかです。

 この点だけを見て、オンライン英会話の利用に疑問を投げかける人もいますが、私自身は肯定的に見ています。1つには、どうのこうのと言っても、彼らは平均的な日本人と比べるとはるかに流暢に英語が話せるからです(※)

(※)中には本当に酷い英語の人もいますが、それは流石に私たちでも分かりますので、次回から別の講師に変えれば済むことです。