最近、英語教育では、CEFRという英語力判定基準が注目を浴びています。これは、もともとはEUがその圏内の就学、就労、経済活動、文化交流などを促進するために作り上げた基準で、現在のところ40言語前後に対応するものが作られています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3569文字 / 全文3601文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日本語を活用した英会話習得法」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。