近頃はTOEICへの熱もいよいよ頂点に達したかのように思います。なぜなら、3カ月でうん十万というような超高額の対策コースが次々と出始めたからです。これらのコースは、いずれも、文字通り完全密着方式で生徒をフォローし、短期間で成果につなげようというものです。

 その価格には本当に驚きますが、一方で受講者の切実な気持ちもよく分かります。会社からは短期間での成果を求められますし、語学の場合はさらにそこに、「もともとが身に付けにくい」という大きな制約がかかります。仕事をしながら学ぶとなると、自身で学習をコントロールすることは至難の業といえます。そのため大金を払ってでも、学習の流れを細かく管理して欲しいという需要が生まれるのでしょう。

模擬試験は有効か?

 そう考えて見渡すと、世の中には本当に役に立つTOEIC教材がどうも見当たりません。大抵が、実際のテスト通りの問題→解説というワンパターンです。しかし、たとえ実物そっくりの出来の模擬試験(作るのは極めて難しい)を数珠つなぎに並べていたとしても、受験者の大半を占める300点台~400点前後のレベルではほとんど役には立ちません。なぜなら、ごく単純にいって、難し過ぎるのです。

 TOEICは990点まで測る問題です。テストで話されること、書かれていることが、本当の意味で分かり始めるには最低でも600点程度の実力が必要です。このレベルになるとそれなりに正答できますので、自分の弱点についても良く見えるようになり、学習が成り立ちます。300点台~400点台であると、模擬試験は単なるお守り程度にしかなりません。それどころか、問題集を買い込めば買い込むほど気が重くなることも考えられます(※)

(※)私は今、ここをブリッジする教材を開発中です。会話については、すでに考え抜いた教材を2点発表し、好評を得ていますので、今度は何とかTOEICで困っている人を手助けする教材を作りたいと考えています。

アプローチを変える

 ではどうすれば良いでしょうか。私は、TOEICへのアプローチを一度根本的に変えて見ることを提案します。たとえ300点台であっても、「ナルホドTOEICというのはそういうテストか」と思え、さらにそこから模擬試験も使いようだとまで悟れる方法があります。

 その方法とは、ズバリ、“TOJIC”です。これはTOEICをもじったもので、Test of Japanese for International Communicationの略です。もちろん、実際にはこんな名前のテストはありません。私の造語です。TOJICは、TOEICをそのまま全部日本語にしたものと考えて下さい。これを使って、これまでとは全く違う角度からTOEICを攻めるという訳です。

 日本人は、このようなアプローチを避けがちです。理由は2つあって、1つは、テストというものは”姑息な方法“でいじってはいけない、頭を絞ってとことん考えて答えを出す、それがテストに対する正しい作法だと思う人が多いという事です。この考え方でいくと、TOJICなどというのはとんでもなく奇天烈だということになります。