「コグニティブの時代」――これは、最近ネット上に現れた、あるグローバル企業のキャッチフレーズです。コグニティブ(cognitive)というのは「認知の」「認知に関わる」という意味で、このフレーズは脳の情報処理を応用したAI(人工知能)システムの宣伝に使われています。

 おそらく、技術者はニューラル・コンピューティングという言葉を使いたかったのでしょうが、広報が頭を絞って、この言葉に決定したのでしょう。

 かなり大胆なキャッチです。

 そう言えば、AIも英語ですね。Artificial Intelligenceの略で正しい英語です。

 他にも、先週の日経ビジネスオンラインには、「価格コンシャス」(price-conscious)という言葉が飛び出していました。これも正しい意味で使われていて、「価格を意識している」という意味です。「トレンド・コンシャス」(trend-conscious)なら「トレンドを意識している」ということになります。

 このように、最近はどんどんと「正しい英語」がカタカナ化されてきています。そのスピードは恐ろしいほどで、このままでは日本語の良い点が失われてしまうのではないかと、心配になるぐらいです。

英語と日本語の相乗効果

 しかし、英語の学習という点から考えると、これはとても好ましい流れです。このコラムで何度も指摘しているように、このような感じで日本語の中に英語を入れ込むようにすると、とくに負担感もなく、短期間で爆発的に語彙を増やすことができます。

 方法は簡単で、「正しい英文」を用意して、それを英語交じりの日本語にしてしまうわけです。それだけで、単語や熟語を1週間に150語程度は無理なく、少し頑張れば200語は覚えることができます。真剣に取り組めば、250~300語/週も可能で、実際の話として、私の著書を使って1カ月1000語以上のペースで覚えた人に何度か会ったことがあります(書籍アプリです。英文は付いていません)。

 なぜこのような、にわかには信じられないペースで記憶ができるかというと、日本語を活用する方法では、「意味」を覚える必要がなく、「音」を頭に入れればそれで終わりだからです。

 ここの発想転換が大切で、意味はわざわざ覚えなくても、そのほとんどが「すでに」あなたの頭の中にあります。たとえば、もしコグニティブ(cognitive)という言葉があなたにとって難しいとすると、それは、「認知」という日本語の意味自体がよく分かっていないからに他なりません。

 この概念を、英語を通じて理解するとなると、普通の人にはまず無理です。しかし、日本語を通じてだと可能性は十分にあります。

 ここが、日本語を活用した英語学習法のクールなところです。この方法だと英語の習得が何倍にも加速されるだけでなく、日本語そのものを鍛えることにも繋がります。つまり、母語を強化しつつ、英語も強化できるのです。