多くの社会人の皆さんと同様、私も日頃は緊張した日々を送っていますが、このお盆休みの直前、そして休暇中に、本当に久しぶりにストレスから解放され、気持ちの良い時間を持つことができました。今回はそのエピソードを交えながら、スピーキング力の効果的な身の付け方に触れ、最後に「なぜ暗記・暗唱なのか」についてお話ししたいと思います。

ネイティブスピーカーとの面接

 お盆休みの直前に、大学の講師候補のネイティブスピーカーの方の面接を行いました。その中でその人の口から「日本語をリソースとして積極的に活用すべき」「英語を英語だけで教えるのには無理がある」という言葉が飛び出したのです。

 「日本語をうまく活用する」というのは、英語を効果的に学ぶ上で私が最も重要視していることなのですが、普段はこの点について説明してもなかなか理解されません。特に英語以外に外国語を学習した経験のないネイティブや、何らかの特殊(幸運?)な事情で、英語の習得に特に苦労をしなかった人たちにはその傾向が強くあります。

 私はこの人の言葉を聞いて大いに喜んだのですが、そのうちに、なんとこの方の奥さんが日本人で、彼が日本語も話せることが分かったのです。

 その後どうなったかというと、私たちは日本語と英語を混ぜて話し始めました。このようなタイプの会話については以前にも触れたことがありますが、両方使って良いとなると、気持ちがリラックスし、“How do you say it in English?”、さらにはダイレクトに日本語で「○○というのは英語でどう言います?」などと気軽に聞けますので、楽しくもありまたとても勉強になるのです(※)

(※)ネイティブスピーカーでも日本に長く住んでいる人は、たいてい(驚くほど)日本語が話せます。こういう人を先生にすると短時間に多くの事を学ぶことができます。これは、日本人のバイリンガルの方でも同じです。

日本語混じりの英会話が効果的な理由

 このような会話では、例えば相手が「もうドン引き」などという言い回しを使うと、それだけで盛り上がり、「ほかにもこんな表現がある」などと教え合うこともあります。

 きちんとした英文を話す必要などありません。うろ覚えでも、当てずっぽうでもとにかく自分の知っている単語なり連語なりをどんどん口にすれば良いのです。語句であると、時制などの文法が関わってこないため、「覚える=使える」に限りなく近づき、学習の成果が出やすくなります。もちろん、これはダイレクトにやる気につながります。

 日本語で言った後に英語の表現を思い出すというようなことも良くありますが、そのような時にもためらわずに口に出して構いません。日本語と英語を混ぜた会話には、それだけの自由度があるのです。