実を言うと、私はそれよりはるか昔に日本語教育で使用されている教科書を見たことがありました。記憶が正しいとすると、少なくとも私が見たものは、完全に文法偏重の教え方で、英語教育となんら変わらないものでした。それで、ずっとそんなものだろうとタカを括っていたわけです。ところが、英語教育の、カメさんのような進歩を尻目に、日本語教育は見事なパラダイム転換を行っていたわけです。

 彼の話を聞いて、私はすぐさまこの分野でメジャーと言われる教科書を取り寄せて調べてみました。すると、彼の言葉通りで、文法の解説は申し訳程度にほんのわずかしかなく、あとはイラストと、会話、そして様々なアクティビティという構成でした。

私が唸った点

 しかも、それらの本には、私が「やはりそうか!」と唸った、もうひとつの際立った特徴がありました——それが「英語の活用」です。初級用(中には中級用)のテキストでは、すべての日本語に対して英語が付記されていたのです。つまり、(色々な言葉を母語とする人たちが学ぶので)世界共通語である英語を付記することによって、意味がはっきりと分かるように工夫されていたのです。これは、英語教育になぞらえると、母語である「日本語を活用する」という考え方であるということになります。

 そこには、「日本語を教えるなら日本語オンリーであるべきだ」といった安直な「べき論」の片鱗もありませんでした。あったのは、「いったいどうすれば言葉は身に付くのか?」という疑問に対するあくなき追求であり、そこから導き出される論理的な結論のみでした。

 言葉は、つまるところ、「意味と形(音声)」に過ぎません。ですからその習得は、文脈や状況をはっきりさせ、それに対して使うべき形(音声)をしっかりと訓練する、それだけのことになります。留学などをした場合には、環境的に、これがごく自然にできるわけですが、「国内で」、さらに「教室で」となると、かなりの工夫をしなければなりません。ここにチャレンジがあり、私も全力で取り組んできたわけですが、こちらがドタバタしているうちに、日本語教育はそこをあっさりと突き抜けてしまっていたというわけです。このときの驚きと脱力感というのはかなりのものでした(※)。

(※)どういうわけか、日本語検定試験などを見ると、今でもがっつりとした「文法問題」が一問だけあります。ぜひ一度見てみて下さい。文法を通じて言葉を学習するということが、いかに不自然であるかということを直観的に理解することができます。

英語教育は変わるか?

 とにかく明らかなのは、日本語教育の方が、英語教育よりもはるかに進んでいるということです。ここで英語教育が日本語教育の経験と蓄積から学び、成果につなげるとすると、話は早いのですが、実際にはあと10年程度はそうはならないと見ています。なぜなら、日本語教育の場合には、学ぶ人の数が少ないため、教科書の変更などが比較的容易ですが、英語教育の場合には、何千万人という人が今まさに“トラディショナル”な方法で学んでいるか、あるいは学んできており、未だに5文型や自動詞・他動詞、所有代名詞、非継続用法、瞬間動詞・動作動詞、仮主語・仮目的語など、知らなくても良い、あるいは知らない方が良い文法用語の理解と演習に頭を悩ませているからです。

 そのため、当然ながら、使用されている教科書・問題集・参考書の類も文法偏重に偏っている上に数が膨大で、変えようにも変えようがないという状況が続くと考えられるわけです。また、(私立を含む)高校入試や大学入試の、重箱の隅をつつくような文法・語法問題が容易に消えるようにも思えません。せめてTOEICのpart5のような問題であれば、まだ素直で良いのですが(※)。

(※)part 5はだれもが苦しむところですが、語彙問題と品詞の問題が主体で、「英語に慣れる」を徹底的に追求すると、ほとんど考えずに解答できるようになります。時間にして7-8分程度でしょうか。それは、私たちが「明日、人(  )会う予定です」の(  )に「に」が入ることが瞬時に分かる事と同じです。この意味では、TOEICの問題はよく考えられています。