早期英語教育のリスク

 ここにある問題は何でしょうか。それは、「母語の選択」の問題です。

 そもそも、なぜ「母語」(母なる言葉、英語でもmother tongue)という言葉があるのかというと、それは「人としての基盤」を形作るのが「母語」だからです。ですから、ここに揺らぎがあると、人格形成から思考能力まであらゆる面に影響が出ます。

 実際に、私は、親御さんが教育熱心で、日本国内で幼い頃から英会話スクールに通わせ、自宅での映画や音楽の類もすべて英語にした結果、日本語がつたなくなってしまったという事例を聞いたことがあります。それでも、英語が素晴らしくできるというのであれば、特に問題はないのですが、高度な思考能力・発話力が身についたかどうかについては、大きな疑問が残ります。

 また、他にも、日本に来ていた外国人の高校生で、自国の母語に不安があり、かつ日本語にも不安があるという事例に遭遇したことがあります。理屈ではそういうケースが有り得ることを理解していましたが、実際にその生徒と話して大変なショックを受けました。これは極端な例であるかも知れませんが、母語がしっかりとしていないとすべてが崩壊するリスクがあると実感したものです。

早期英語教育のメリット

 では、早期英語教育にはメリットはないのでしょうか。私は「ある」と考えています。子供は音声にとても敏感で、よく吸収します。ですから、あくまでも無理のない形で、音声面から慣れを養うことは大きなプラスになります。なぜなら、英語を「外国語」と認識していると、それだけで頭の働きは鈍りますが、英音に慣れができていると脳が英語を拒絶しなくなり、それだけ学習がスムーズになるからです。文字についても、いきなりつづりを覚えさせるというようなことをせずに、視覚的に徐々に慣れさせるというようなアプローチで取り組むのであれば、プラスに働くと思います。とくに、フォニックス(つづりと意味の関係)をしっかりと行っておくと、後々リーディングやライティングにつなげやすくなります。英語のつづりと発音の違いには、外国人だけでなく、英語を母語とする人たちも大変苦労しています。

 楽しい授業を行えば、英語に対して親しみを感じるでしょうし、興味を持つことも有り得るでしょう。さらには、たとえば、スカイプやALT(Assistant Language Teacher)を通じて(簡単でも)実際にコミュニケーションを取る経験をさせることができれば、もっと学びたいという気持ちが生まれることも考えられます。

 しかし、ここでも「継続性」という点が大きな問題として立ちはだかります。小学生、さらには保育園・幼稚園から、無理のない音声トレーニングを始めたとして、それが中学、そして高校へとつながっていかないと意味がありません。現状では、ここには明らかな断絶があります。

もうひとつの罠

 また、音声面以外にもとても危険な罠が待ち構えています。それが、従来型の文法教育です。

    

 私は文法をゼロにすべきだとは考えていません。むしろ、必要だと考えています。しかし、たとえば、I、my、me、mineのような文法的に意味不明な順序になっている語を主格、所有格、目的格、所有代名詞などという言葉とともに教えたり、She looks happy.など、何の問題もなく理解できる英文をわざわざSVCと分析したり、慣れてもいないのにShe looks (happily/happy).といったわざわざ混乱を招くような問題を解かせたり、といったことはできるだけ避ける必要があると考えています。