●管制塔
SW 1380, I understand your emergency. Let me know when you want to go in.
(SW1380便、了解した。着陸態勢に入ったら連絡して欲しい)

●パイロット
Yeah, we have part of the aircraft missing, so we are going to need to slow down a bit.
(了解。機体の一部が欠損しており、多少減速の必要があります)

(ポイント①)
 この「have」ですが、ここでは素直に「持っている」と考え、「持っている」→(何を持っているのか)→「飛行機の一部分を」→(どういう状態で持っているのか)→missing「失っている状態で」と考えます。ここでも、ing形に「~して」という意味があると考えると、そのままダイレクトに理解できます。

(ポイント②)
 つぎに「We are going to……」に注目して下さい。「will」ではなく「be going to」が使われています。なぜでしょうか。それは、パイロットが「確実に起こる」と考えているからです。なぜ「確実に起こる」と思う場合に、「be going to」が使われるかというと、「be going to 」の中の「be going」はいわゆる進行形で、すでに「事態が起こりつつある」という意味を表すからです。ここで「will」を使うと、一気に緊迫感が吹っ飛んでしまいます。

●管制塔
Use caution for the downtown area, advise you to maintain about 2200.
(注意してほしい。下は市街だ。高度は2200フィート前後が望まれる)

(ポイント)
 ここでは、まず「use」に注目したいところです。「use」というと私たちは「物」を使うことをイメージしますが、「使う」といっても、英語ではもっと広い意味で使われることがよく分かります。私たちが、英語をなかなかうまく話せない理由は、このような発想の違いも大きな原因なのですが、日本語を活用してその違いを説明すると、深くはっきりと理解することができます。その後の、「maintain」(維持する)という言葉も、中途半端な例文よりもはるかに強いインパクトで意味が伝わってきます。

●パイロット
Could you have the medical meet us there on the runway as well? We have got injured passengers.
(医療チームも滑走路に待機させていただけますか? 負傷した乗客がいます)

(ポイント)
 「have」の基本的な意味は「持っている」ということですが、ここではそれが拡張されて「してもらう」という意味になっています。「(だれかの助けによって)ある状態を持つ」→「してもらう」という流れです。ところで、「have got」は完了形ですが、どうして「have」だけでもなく、「got」だけでもなく、「have got」を使っているのでしょうか。それは、完了形には「過去に起きたことの結果を持っている」、つまり「結果が今に残っている」という意味があるからです。これによって、「負傷者が発生し、その状況が今もある」という意味になり、とてもリアルに状況が伝わってきます。