彼は、さらに興味深い点に触れました。それは何と、彼が母国で受けた日本語教育では文法が重視されていたということです。しかし、彼自身は運用力の方、つまり「使えるかどうか」という事に興味があり、文法の話は聞き流していたと。このあたりのセンスは流石だと思いました。私などは、まじめに自動詞は何か、他動詞は何か、補語とは何かなどと考えて大変なことになりましたので・・・。以前にも触れましたが、今の文法教育には不要な語、不要な解説が多過ぎます。

 さて、彼がつぎに話した点が、語学(外国語としての)はこうあるべきだという核心を突くポイントではないかと思います。彼が取った学習方法、それは「徹底した朗読」でした。日本では「音読」ということが多いですが、ここでは敢えて彼の言った言葉をそのまま使っています。

 意味を十分に確かめた上で、声に出して読む。徹底的に読む。言葉が自分の体の一部になるまで、徹底的に読み上げる。ロールプレイ(ペアを組んで疑似的に会話をする)などの小賢しいテクニックは一切なし。とにかく声に出して読み上げる。徹底的に読み上げる――。生徒を能動的に学習に巻き込むアクティブラーニング、情報の格差を利用するコミュニカティブ・アプローチ、様々な先進の指導技術が実施されているこの21世紀に、なんとレトロな「時代遅れの方法」でしょうか。

 ここで一点大切なのは、彼はこのレトロな学習を、級友たちと「競い合って行った」という点です。なぜ競い合ったかというと、彼の日本語の先生は、(文法を教える一方で)朗読の大切さを教え、教室で生徒にどんどんと当て、みんなの前で朗読させ、発音の矯正まで行ったというのです。もちろん、「みんなの前で」というのがポイントで、ここで「競争」が生まれた訳です。

 この2文字が彼の上達のキーワードであったことは間違いありません。「競争」なんて本当に原始的な、稚拙な動機付けですが、学習を深めるという点ではアクティブラーニングと同じような効果があると思います。というか、語学に関しては、これこそ“元祖アクティブラーニング”であるかも知れません。

 それにしても、達人の原点が朗読とは・・・。

 しかし、言葉の学習とは、結局のところ、「どこまで深く言葉を記憶するか」ということに尽きます。ですから、競い合って朗読を行ったとすると、それが強力な基盤を形作ったということは容易に想像できます。

 この、「深く言葉を記憶する」という点に関して、彼は発音の重要性を力説します。正確な発音を身に付けると、脳がその音に敏感になり、リスニングなどをしていても、また会話をしていても、記憶に残りやすくなるというのです。言われてみれば確かにそうかも知れません。

 さて、ここで私の長年の夢について少しだけお話しますと、アクティブラーニングもよし、コミュニカティブ・アプローチもよし、実際に私もそういったことをしています。しかし、「母語を活用した、競争しながらの朗読」―――これほど成果を出しやすく、本人にも他人にも明確に進歩が分かるものは無いように思います。

 小賢しい技やテストなど一切不要。評価は、①立たせて朗読させる、②一枚の紙を配って朗読内容を文字で書かせる、これでおしまいです。朗読の採点が大変なら、(決まった内容なので)AIに判定させれば良い。書く方も、並び替えや穴埋め問題の形にすれば良い。単純明快。それでも強力な基盤ができることは100%間違いありません。

 例えば、中学の教科書を例に挙げてみましょう。日本語で和訳、区切り訳を付け、それを参照しながらオーディオを聴いて朗読すれば、ほんの20~30時間程度で3年分の英語を身に付けることができるはずです。中学の教科書は、文法的にとても精密に組み立てられていますので、「ただの朗読=文法規則の獲得」になることは間違いありません。

 つづりについては、朗読と並行して少しずつやります。読める状態であれば、つづりははるかに覚えやすくなります。文法的な正確さをさらにあげたいのなら、簡単なパターン・トレーニングを付属させ、それも朗読させてしまえば良い。とにかく、徹底的に朗読させる。

 センター試験に代わる新しい形式の評価方法についても、4技能を見るというのなら、中途半端な会話テストやライティングテストなどせずに、例えば、あらかじめ500セットぐらいの課題をレベル別に決めておいて、各レベルから5セットずつを出題するといったアチーブメント方式にすると、受験者も採点者も、そしてもちろん先生も、あれこれ悩む必要はなくなります。しかも、「テストの結果=英語力」に限りなく近くなる。

 応用力については大学に入ってからやれば良い。

 そう、これは完全な「詰め込み教育」です。あってはらない「詰め込み教育」、存在してはならない「詰め込み教育」です。しかし、もし、その500セットの英文が、論理整然とした英文、流れるような構成のスピーチであればどうでしょうか。「単なる詰め込み教育」が「極めて高等な英語力の基盤作り」に成り得ます。・・・とはいえ、本当に“夢”ですね、これは。

 さて、実は私はもう一人、日本人としか思えない流暢さで仕事をされている方を知っています。その方は女性ですが、実に品のある綺麗な日本語を話され、初めてお会いしたときに鮮烈な印象を受けたものです。ところが、驚いたことに、彼女も徹底的な朗読を級友たちと競い合って行ったのが原点だったというのです。これは単なる偶然の一致なのでしょうか、それとも・・・。

 英語に関する限り、私たちの能力は30%程度しか引き出されていません。これはとても残念なことです。このコラムでは、どうすれば残りの70%の能力を発揮できるかについて、日本語を活用するという手法を中心にさまざまな観点からお話ししていきます。

 英会話にお困りの方は、ぜひ一度私が開発した最新の会話教材リッスントークをご検討下さい。私の公式サイトはこちらです