全4193文字

彼らの技術

 さて、私の技術のあらましは以上の通りですが、このたび私が相談に乗った方々は、彼らなりに驚愕のアプローチで英会話に挑戦していました。しかも、全くのゼロから始めて、学習者向けに「イラスト付きの理論書」まで作っていたのです。これはもう完全に「確信犯」です。中途半端な人たちなら絶対にここまではやりません。

 彼らが目を付けた点、それは、私が「自動的に習得される」と判断していた部分でした。つまり、「そこまでは不要だろう」と考えていたところだったのですが、彼らはそこにさらに深く分け入っていたのです。

 では、そのポイントがどこかというと、「日本語と英語の語順の違い」でした。皆さんもご存知のとおり、これはこれまで多くの人たちが指摘してきた点で、とくに目新しいものではありません。最近では、この点を意識して、チャンク訳(=意味の塊ごとに切った訳)をつけた書籍も多数出ています。しかし、彼らの場合、この問題への斬り込み方が尋常ではないのです。

 簡単にご説明すると、まず、当たり前のことですが、私たちの脳は「日本語の回路」で動いています。たとえば、つぎのような感じです。

 「この報告書、明日までにチェック頼んでもらえるかな」

 これは、どこから見ても普通の会話文です。とくにおかしなところはありません。ところがこれを英語で伝えようとすると、あっという間にフリーズしてしまいます。なぜなら、まず「主語が無い」からです。ところが、英語では命令形以外、(わずかな例外を除いて)必ず主語を明示します。

 さらに英語では、主語のあとに動詞(述部)を置くことになっています。ところが、上の日本語を見ると、どれが動詞(述部)なのかにわかには分かりません。

 まだあります。この日本語を英語にしようとすると、いったい「誰に」頼むのかが分かりません。つまり、頼む相手が「him」なのか「her」、はたまた「them」なのかが分からないのです。

 これが、「日本語で考える」ということで、私たちは日々、こんな、ある意味で“中途半端な言語”でコミュニケーションを取っているわけです。そこにいきなり英語で考えなさい、英語で話しなさいと言われても、どうにも頭が働かないということは容易に想像できます。

 この問題について彼らが出した解答、それは「脳の中で湧いたイメージが日本語にされた瞬間に、主語・動詞(述部)を判別し、英語の語順に並び変えることができるようにトレーニングする」というものでした。これは、ある意味で極めて合理的、ある意味でとんでもなく奇想天外な発想で、私も考えたことがありませんでした。

 彼らは、脳内におけるこのような情報処理を、「動作」からの連想で「脳作」と名付け、その性質について詳しく分析し、システムとしてまとめ上げたのです。

ビジネス向け最強英会話システム

 言葉は巨大で複雑なシステムです。それが故に、これまで長年にわたり様々な研究・開発・実践がなされてきたわけですが、今世界に目を向けますと、すでに、欧米諸国はもちろん、中東、南アジア、そして日本周辺の国々においても、「英語+IT」という「21世紀の能力」を持つ人材が次々と育っています。日本だけが、これ以上遅れを取る訳にはいきません。

 しかし、このたび、奇遇というか、必然の出会いというか、英語を通じて「人材のポテンシャルを引き出す」という理念を持ち、それぞれに試行錯誤を重ねながら実績を積んできた2つの流れが、ひとつになって動き出すことになりました。

 すでにあるものを組み合わせるだけですから、システムとして組み立てるのは容易です。

 このようなわけで、近々に、私の監修の元で開発された「ビジネス向け最強英会話システム」をお手元にお届けいたします。今しばらくお待ち下さい。

英語に関する限り、私たちの能力は30%程度しか引き出されていません。これはとても残念なことです。どうすれば残りの70%の能力を発揮できるのか。さまざまな観点から考えています。私の公式サイトはこちらです。