前回、筆者の企業評価の基準として、「よりよい財・サービスをより安く供給する企業がよい企業だ」という考え方を提示した。そして国際比較の文脈では、この基準を企業の「(潜在的な)国際競争力」と解釈できることを示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3963文字 / 全文6622文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日本の「低生産性問題」を考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。