ゼネラリスト育成を重視してきた日本型雇用と一線を画し、職務を特定して社員を雇用する「ジョブ型」を導入する企業が増えている。社員の専門性を高め、成長意欲のある若手が自律的に育つといったメリットに加え、職務の明解な定義によって成果把握が容易な点が、新型コロナウイルス感染症の拡大で一気に広がったテレワークにも向いているとされる。

 しかし、雇用ジャーナリストとして長年、国内外の雇用の最前線を取材してきた海老原嗣生氏(中央大学大学院客員教授/ニッチモ代表取締役)は「ジョブ型」雇用への安易な期待に警鐘を鳴らす。4月にはジョブ型の課題や日本の雇用に関する議論に欠けている視点を徹底的に掘り下げた新刊『人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~』(日経BP)も発行した。

 「日経ビジネスLIVE」では2021年4月7日、14日に海老原氏が登壇するウェビナー「雇用のカリスマが斬る『間違いだらけのジョブ型雇用』」を開催した(モデレーターは、小林暢子・日経BP 総合研究所主席研究員/Human Capital Online発行人)。このウェビナーの内容について、アーカイブ動画とともに3回に分けてお届けする。

 第1回は日本企業と欧米企業の人事・雇用の根本的な違いと、そこから生まれる社会的影響について海老原氏が解説する。真のジョブ型とはどのようなものか。なぜ日本では解雇が難しいのか――。(構成:小林佳代)

※本シリーズは日経ビジネスLIVEで実施したウェビナー(2021年4月7日開催)の再配信です

※日経ビジネス電子版の有料会員に登録すると動画とテキスト全文を閲覧できます。 

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5928文字 / 全文6647文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「雇用のカリスマが斬る「間違いだらけのジョブ型雇用」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。