<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span><br>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 ノーベル賞を受賞した学者など“世界の頭脳”の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶシリーズ。今回は、「両利きの経営」の提唱者として知られる、米スタンフォード大学経営大学院のチャールズ・オライリー教授の理論を学ぶ。

 解説はオライリー教授から指導を受けた経験があり、『両利きの組織をつくる――大企業病を打破する「攻めと守りの経営」』(英治出版)の共著者でもあるアクション・デザイン代表の加藤雅則氏。

 今回は過去のインタビュー映像に加え、オライリー教授が本ウェビナーのためにビデオ出演した特別講義の映像を使い、「両利きの経営」理論をビジネスに生かす視座を学ぶ。 第4回はウェビナーの後半のクイズ映像と質疑応答を配信する。組織内で「探索」活動はどのように評価すべきか。トップのリーダーシップがない場合でも両利きは実践できるのか。

■教材
【書籍】『世界最高峰の経営教室』(日経BP)

※本シリーズは、2021年1月20日にライブ配信したウェビナーを再編集したものです
>>詳細

※日経ビジネス電子版の有料会員に登録するとご覧いただけます

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

広野彩子(日経ビジネス副編集長、以下広野):シリーズ「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳」、今回は米スタンフォード大学経営大学院のチャールズ・オライリー教授の「両利きの経営」を学んでいます。

 最後のクイズに行きましょう。『日経ビジネス』の「時事深層」というコーナーでは毎年、年末になると識者の方に「来年はどんな年になると思うか」を聞いています。これをオライリー先生にも聞きました。「2021年を一言で言うとすれば何でしょうか」。答を選んで送信してください。

A 病(disease)
B 機(opportunity)
C 楽(optimism)

 98%の方がBの「機(opportunity)」を選びました。オライリー先生のお話を聞いてみましょう。

加藤雅則アクション・デザイン代表(以下、加藤氏):オライリー先生、かなり楽観的でしたね。そのうちワクチンもできて、全快とはいかなくても少しは元に戻って機会あふれる年になるのではないかということですね。両利きの経営というのは事業機会のチャンスを自分たちの手の内に取り込むかという経営手法ですので、「opportunity」という言葉を出すのはオライリー先生らしいですね。

広野:そうですね。

 では、ここからは質疑応答のコーナーに移ります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6264文字 / 全文7286文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳 チャールズ・オライリー氏」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。