<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span><br>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 ノーベル賞を受賞した学者など“世界の頭脳”の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶシリーズ。今回は、「両利きの経営」の提唱者として知られる、米スタンフォード大学経営大学院のチャールズ・オライリー教授の理論を学ぶ。

 解説はオライリー教授から指導を受けた経験があり、『両利きの組織をつくる――大企業病を打破する「攻めと守りの経営」』(英治出版)の共著者でもあるアクション・デザイン代表の加藤雅則氏。

 今回は過去のインタビュー映像に加え、オライリー教授が本ウェビナーのためにビデオ出演した特別講義の映像を使い、「両利きの経営」理論をビジネスに生かす視座を学ぶ。第3回はウェビナーの中盤をテキストとクイズ映像で配信する。両利き経営を成功させる条件には何があるか。日本型経営に欠けているものとは。

■教材
【書籍】『世界最高峰の経営教室』(日経BP)

※本シリーズは、2021年1月20日にライブ配信したウェビナーを再編集したものです
>>詳細

※日経ビジネス電子版の有料会員に登録するとご覧いただけます

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

広野彩子(日経ビジネス副編集長、以下広野):シリーズ「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳」、今回は米スタンフォード大学経営大学院のチャールズ・オライリー教授の「両利きの経営」を学びます。

 3問目のクイズにいきましょう。「両利きの経営が失敗する理由は何か」です。以下の中から選んでください。

A 効率が悪いから
B イノベーションが起こらないから
C 財務が悪化するから

 いかがでしょうか。

 視聴者の方の回答で一番多いのが、Bの「イノベーションが起こらないから」ですね。41%の視聴者が選んでいます。次がAの「効率が悪いから」。

 オライリー教授はどう言っているでしょうか。見てみましょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2132文字 / 全文2886文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳 チャールズ・オライリー氏」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。