<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」:</span>読むだけではなく、体感する日経ビジネス
「日経ビジネスLIVE」:読むだけではなく、体感する日経ビジネス

 DXやAI、サブスク……。新しい技術や急成長するビジネスが登場するたびに、世間にはバズワードが流布する。だが、持続的に成長していくには、ブレない経営の軸が必要だ。「同時代性の罠(わな)」に惑わされないための、60分の思考訓練。毎回、注目企業のケースについて、一橋ビジネススクール教授の楠木建氏と社史研究家・杉浦泰氏が解説する。

 第2回は、任天堂の強さを分析する。同社は業績のアップダウンが激しく、危機に直面することもありながら、そのたびにヒット商品を生み出しよみがえってきた。その背景には、どんな経営哲学があるのか。中興の祖、山内溥氏への過去のインタビューなどを振り返りながら、「逆・タイムマシン経営論」の切り口で任天堂の経営を深掘りする。

■講師

楠木建(くすのき・けん)
一橋ビジネススクール教授
1992年、一橋大学大学院商学研究科博士課程修了、一橋大学商学部専任講師、同助教授、同大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職

杉浦泰(すぎうら・ゆたか)
社史研究家兼ウェブプログラマー
1990年生まれ、神戸大学大学院経営学研究科を修了後、みさき投資を経て、現在は社史研究家兼ウェブプログラマーとして活動。社史研究は2011年からスタートし、18年1月から長期視点をビジネスパーソンに広める活動を開始(ウェブサイト「決断社史」)。現在はウェブサイト「The社史」を運営する

■教材
+楠木建・杉浦泰著『逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知』(日経BP)
+杉浦泰著『20社のV字回復でわかる「危機の乗り越え方」図鑑』(日経BP)

※本記事は日経ビジネスLIVEで実施したウェビナー(2021年2月24日開催)の再配信です
※視聴には有料会員の登録が必要です

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1377文字 / 全文2181文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケースで学ぶ「逆・タイムマシン経営論」(アーカイブ配信)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。