古今東西、戦いや競争においては、主導権を握ることが重視されてきた。『孫子』は、これを

 「善く戦う者は人を致(いた)して人に致されず」虚実(きょじつ)篇

 と表現している。つまり、相手を意のままに操ることを戦いの基本だと考えていたのだ。

 相手を操るための基本原則は二つある。それが「恐怖」と「損得感情」。より具体的にいえば、相手の恐怖心を刺激する急所をつき、利益やエサで相手をつり、不利益や害悪で相手を遠ざける形になる。この「急所」「利」「害」を操縦桿のようにして、相手を動かしていくわけだ。

 さらに、この手法をうまく稼動させるために、相手の判断力を奪う道筋も『孫子』は考えていた。

 それが、相手を疲弊させ、空腹にさせ、混乱させること。これによって判断力や理性を低下させ、こちらの意のままに動かしやすくしようとしたのだ。

 『孫子』はさらに、この原理原則を自分の部下にも向けてみせる。つまり、部下に対しても「急所」「利」「害」という操縦桿を向け、自分の思う通りに操ろうとしたのだ。

 しかも、敵の場合と同じように、部下をコントロールしやすくするため、情報を遮断し、混乱させて判断力を奪うことを考えていた。

 孫子にとって、将軍とは結局、敵と部下との間に立ち、同じ原理原則で動く操縦桿を使って、両者を操り、味方を勝つように仕向けるような存在だったのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り59文字 / 全文635文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題