ノーベル賞を受賞した学者など“世界の頭脳”の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶシリーズ。今回は特別企画として、気鋭の経営学者と経済学者によるトークセッションをお送りする。

 世界の超一流の経済学者、経営学者17人へのインタビューをまとめた書籍『世界最高峰の経営教室』(日経BP)を題材に、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授と、大阪大学大学院経済学研究科の安田洋祐准教授が、巨匠たちの教えを分かりやすく解説する。

 第4回はウェビナーの中盤をテキストと動画で公開する。学問における師弟関係から、日本の大学院の競争力まで議論が展開していく。

※本シリーズは、2020年12月7日にライブ配信したウェビナーを再編集したものです。詳細はこちら

(ウェビナーのノーカット映像は第1回でご覧いただけます)

広野彩子(日経ビジネス副編集長、以下、広野):「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳」、今回は『世界最高峰の経営教室』(日経BP)に関連した特別セッションをお送りしています。次のクイズに行きましょう。これはちょっとマニアックなクイズです。

入山章栄・早稲田大学ビジネススクール教授(以下、入山氏):なに? 今回出版された『世界最高峰の経営教室』と僕が書いた『世界標準の経営理論』(ダイヤモンド社)、両方の本に載っている研究者は誰か……ですか。それ僕も知らないよ。

広野:ではお答えください。

 さてどれでしょう。視聴者の方、両方読んでいる方が多かったのでしょうか。多くの方が正解ですね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3918文字 / 全文4575文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題