「日経ビジネスLIVE」とは
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 ノーベル賞を受賞した学者など“世界の頭脳”の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶシリーズ。今回は経営学の巨匠、カナダ・マギル大学デソーテル経営大学院教授のヘンリー・ミンツバーグ氏の言葉から、経営の本質を考察する。

 解説は中央大学国際経営学部特任教授で、ミンツバーグ教授と長年の親交があるダニエル・ヘラー氏。経営学の教祖の思想をビジネスに生かす視座を学ぶ。

 第4回はウェビナーの後半に視聴者とヘラー氏の間で繰り広げられた質疑応答を配信する。社会の分断を広げるとして批判されている高過ぎる米国のCEO(最高経営責任者)の報酬は是正されるか。

※本シリーズは、2020年11月26日にライブ配信したウェビナーを再編集したものです
>>詳細

※日経ビジネス電子版の有料会員に登録するとご覧いただけます

おすすめ
第1回ミンツバーグ教授(1)経営学の巨匠の言葉からMBAの功罪を学ぶ

広野彩子(日経ビジネス編集、以下広野):シリーズ「インタビューで読み解く世界の頭脳」、今回は経営学の巨匠、カナダ・マギル大学デソーテル経営大学院のヘンリー・ミンツバーグ教授へのインタビュー映像を使ったセッションをお送りします。解説は中央大学国際経営学部特任教授のダニエル・ヘラーさんです。

 視聴者の方から質問が届いていますので、ここからは質疑応答のコーナーに移ります。

 1つ目の質問です。

ミンツバーグ教授が挙げた5つのマインドセット(視座)のうち、「文脈」とはどういう意味でしょうか。どんなことに注目する必要がありますか。

広野:最初に説明していただいた内容ですね。ヘラーさん、改めて解説をお願いします。

ダニエル・ヘラー中央大学国際経営学部特任教授(以下、ヘラー氏):ここで言う「文脈」とは、「状況」と思ってもらえばいいです。状況が変われば、やっていることの成果が出るか出ないかも変わります。状況を把握することが重要です。

ダニエル・ヘラー氏
中央大学国際経営学部特任教授

1996年米ウイリアムズ大学卒、2007年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。信州大学経済学部専任講師、東京大学大学院経済学研究科COEプロジェクト特任研究員などを歴任。2005年より横浜国立大学経営学部准教授、2016年より横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授、2020年4月から現職。専門は戦略的提携、自動車産業など。

 例えば、日本で成功するツールは必ずしも海外では成功しません。文脈が変わってしまうからです。文脈が変わった中で、どうそのツールを変えればいいか、どうシステムをマネージすれば成功できるのか。状況を知ろうとするマインドセットが必要になります。

広野:状況の変化をうまくつかむということでしょうか。

ヘラー氏:変化もあります。もともと状況が違う場合もあります。日本でも関西と関東で違う。同じ国であっても地域性に応じたマネジメントに取り組む必要があります。「オンリーワン」とか「ワンベストウェイ」はダメ。状況次第でベストが変わります。そのマインドを持つことが大事です。

ヘンリー・ミンツバーグ教授(写真:村田和聡)

従来のMBAはCFO塾だった

広野:分かりました。では次の質問に行きます。

ミンツバーグ教授の論点は社内寄りとも思えます。MBAはCFO(最高財務責任者)向けのものなのでしょうか。

広野:この質問は、MBAはCEO向けでなく、CFO向けの教育なのか、といった意味でしょう。

ヘラー氏:従来のMBA教育は確かにCFOをつくろうとするものでした。CFOにならないまでも、CFOのマインドを理解し、キャッシュフローやキャッシュに対する意識を高めることを教育の主眼としていました。ファイナンス中心の一種のCFO塾だったと考えていいと思います。

 それに対し、いろいろな大学が少し偏り過ぎていると感じ、CFO以外のマネジメントができるマネジャーを育成するMBAプログラムを組むようになりました。今はコースも増え、プログラムの中身も変わりつつあります。

 ミンツバーグ氏が『MBAが会社を滅ぼす』という本を出したのは2000年代。その主張に共感した大学がMBAプログラムの変革をして今に至っています。今はだいぶ変わっていると思います。

広野:ヘラー教授が前にいらっしゃった横浜国立大学大学院国際社会科学研究院でもミンツバーグ教授と連携し、アナリシスではない、本当のマネジメント力を鍛えるプログラムを実践していたとお聞きしています。

ヘラー氏:はい。横国大のMBAプログラムは働きながら学び、自分の会社の問題を背負い、学んだことを働く場で実践することを徹底しています。そこでは失敗することも成功することもあります。その中で学びが本当に自分のものになっていきます。それがすごく大切なことだと思います。

続きを読む 2/3 1人のリーダーシップに頼るべきでない

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4444文字 / 全文6467文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題