世界中の経営者から注目され、取り組む企業が増えている「サステナブル経営(持続可能な経営)」。貨幣経済が安定して間もない江戸時代に、既にそれを実践した偉人たちがいた。大名から庶民まで幅広く浸透した「石門心学」の開祖・石田梅岩、荒廃した農村を「報徳仕法」で再建し、安定的成長に導いた二宮尊徳、「三方よし」の経営哲学で今も続く老舗企業を数多く興した近江商人――。彼らの生きざまから、これからの時代にも大切な理念を学ぶ(写真:PIXTA)

テーマ: リーダーの一般教養