<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span><br>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 ノーベル賞を受賞した学者など“世界の頭脳”の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶシリーズ。第1弾は、2019年にノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアビジット・バナジー教授の理論を、アジア開発銀行(ADB)チーフエコノミストの澤田康幸氏が解説する。バナジー教授へのインタビュー映像を使い、クイズ形式でバナジー教授が唱える貧困などの社会課題解決のために経済学を生かす視座を学ぶ。

 第4回はウェビナーの後半約20分をテキストとクイズ映像で配信する。豊かさを測る際、幸福度は国内総生産(GDP)に代わる指標となり得るか。インタビュー映像と澤田氏の解説で考察する。また、ウェビナー終盤に行われた質疑応答コーナーをテキストで再現。ベーシックインカムの効果やコロナ渦で有効な政策など、視聴者から届いた質問への澤田氏の回答をお届けする。

※本シリーズは、2020年10月29日にライブ配信したウェビナーを再編集したものです
>>詳細

※日経ビジネス電子版の有料会員に登録するとご覧いただけます

■本シリーズのコンテンツ
+バナジー教授(1)世界を貧困から救う経済学(ノーカット再配信)
※ウェビナー全編をノーカットでご覧いただけます
+バナジー教授(2)「移民が仕事を奪い賃金を引き下げる」は神話か
※ウェビナーのクイズ1、2と解説をテキストと映像でご覧いただけます
+バナジー教授(3)「ベーシックインカム」が効果を発揮する条件は
※ウェビナーのクイズ3、4と解説をテキストと映像でご覧いただけます
+バナジー教授(4)豊かさを測る最適な指標はGDPか幸福度か
※ウェビナーのクイズ5と解説、Q&Aセッションをテキストと映像でご覧いただけます

おすすめ
第1回バナジー教授(1)世界を貧困から救う経済学(ノーカット再配信)

広野彩子(日経ビジネス副編集長、以下、広野):シリーズ「インタビューで読み解く世界の頭脳」の第1弾として、2019年にノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアビジット・バナジー教授へのインタビューを基にしたセッションをお送りしています。解説はアジア開発銀行(ADB)の澤田康幸チーフエコノミストです。

 引き続き、バナジー教授へのインタビュー映像を使ったクイズをお届けします。次は豊かさを測る指標についてです。今、一般的に使われる指標はGDPですが、これを昨今、注目を集める幸福度に変えるべきかどうか。ご覧ください。

(以下のプレーヤーの再生ボタンを押すと、クイズと映像が再生されます)

広野:皆さん、いかがでしょう。バナジー教授はGDPも幸福度も不完全であり、1つの指標で豊かさを測るべきではないというお話をされていました。澤田さん、解説をお願いします。

澤田氏:幸福度については、世界中でいろいろな形で調査が行われてきました。その中で有名なのが米南カリフォルニア大学のリチャード・イースタリン教授の名前をとった「イースタリンのパラドックス」です。国全体で見ると、所得が上昇しても必ずしも高い幸福度につながっていかないことを明らかにしたものです。

[画像のクリックで拡大表示]

 このイースターリンのパラドックスは世界中で発見されています。日本の調査でも戦後、1人当たりGDPは1990年まで右肩上がりで増えているのに対し、国全体の主観的な生活満足度は横ばいで全く上がっていないという調査結果が出ています。

 ここから言えることは、豊かさを測るのにGDPだけでは不完全で、補正する必要があるということです。

 個人レベルでの日本の幸福度については内閣府の調査があり、「女性である」「子供がいる」などの要素はプラスに影響し、「失業中である」「ストレスがある」といった要素はマイナスに影響することが分かっています。

 我々は東日本大震災による原子力発電所の事故で全町民が避難を余儀なくされた福島県双葉町の方を対象とする調査を続けています。調査項目の1つに個人のストレス状態を診断する「K6」という指標があります。数値が高いほど抑鬱傾向が高いことを意味します。

<span class="fontBold">アビジット・バナジー(Abhijit Banerjee)</span><br>米マサチューセッツ工科大学(MIT)経済学部教授 1961年生まれ。インドのコルカタ大学卒、ジャワハラール・ネルー大学修士課程修了。88年に米ハーバード大学で経済学の博士号(Ph.D.)を取得。2009年インフォシス賞受賞。11年、フォーリンポリシー誌が選ぶ世界の思想家100人に選ばれた。19年、マイケル・クレマー米ハーバード大学経済学部教授(当時)、配偶者でもあるエステル・デュフロ米MIT経済学部教授らとノーベル経済学賞を共同受賞。専門は開発経済学と経済理論。デュフロ教授との最新の共著として『絶望を希望に変える経済学』(日本経済新聞出版)を出版。(写真:Nastasia Verdeil)
アビジット・バナジー(Abhijit Banerjee)
米マサチューセッツ工科大学(MIT)経済学部教授 1961年生まれ。インドのコルカタ大学卒、ジャワハラール・ネルー大学修士課程修了。88年に米ハーバード大学で経済学の博士号(Ph.D.)を取得。2009年インフォシス賞受賞。11年、フォーリンポリシー誌が選ぶ世界の思想家100人に選ばれた。19年、マイケル・クレマー米ハーバード大学経済学部教授(当時)、配偶者でもあるエステル・デュフロ米MIT経済学部教授らとノーベル経済学賞を共同受賞。専門は開発経済学と経済理論。デュフロ教授との最新の共著として『絶望を希望に変える経済学』(日本経済新聞出版)を出版。(写真:Nastasia Verdeil)

 日本全体の調査結果や他の被災地域の調査結果と比較すると、双葉町民の方たちのK6の数値は高止まりしています。震災から9年たっても抑鬱傾向はあまり改善していません。経済的に復興したとしても心理的なストレスが回復していないことを示しています。

 このような側面をGDPで捉えることはできませんから、やはり豊かさはGDPだけでなく、他の指標も複合して見たほうがいいということになります。もちろん、抑鬱傾向とか幸福度も、それだけでは不完全。バランスよく合わせて見ていくことが大切だと思います。

広野:今、世界的にも心の問題への注目が高まる傾向にありますね。

澤田氏:最近、警察庁が自殺者数の統計結果を発表しました。コロナ禍で女性と若年層の自殺者数が大きく増えていることが話題になりました。メンタルヘルスと自殺の関係は広く議論されていますので、こうしたことが起きる背景は何なのか、見ていく必要があると思います。

次ページ ベーシックインカムは財政悪化を招くか