<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span><br>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 ノーベル賞を受賞した学者など“世界の頭脳”の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶシリーズ。第1弾は、2019年にノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアビジット・バナジー教授の理論を、アジア開発銀行(ADB)チーフエコノミストの澤田康幸氏が解説する。バナジー教授へのインタビュー映像を使い、クイズ形式でバナジー教授が唱える貧困などの社会課題解決のために経済学を生かす視座を学ぶ。

 第3回は、ウェビナーの中盤をテキストとクイズ映像で配信する。テーマは「日本は再び経済成長ができるのか」と、コロナ禍で話題となった「ベーシックインカムは本当に効果があるのか」の2つ。バナジー教授の答えとは?

※本シリーズは、2020年10月29日にライブ配信したウェビナーを再編集したものです
>>詳細

※日経ビジネス電子版の有料会員に登録するとご覧いただけます

■本シリーズのコンテンツ
+バナジー教授(1)世界を貧困から救う経済学(ノーカット再配信)
※ウェビナー全編をノーカットでご覧いただけます
+バナジー教授(2)「移民が仕事を奪い賃金を引き下げる」は神話か
※ウェビナーのクイズ1、2をテキストと映像でご覧いただけます
+バナジー教授(3)「ベーシックインカム」が効果を発揮する条件は
※ウェビナーのクイズ3、4をテキストと映像でご覧いただけます
+バナジー教授(4)豊かさを測る最適な指標はGDPか幸福度か
※ウェビナーのクイズ5、Q&Aセッションをテキストと映像でご覧いただけます

おすすめ
第4回バナジー教授(4)豊かさを測る最適な指標はGDPか幸福度か

広野彩子(日経ビジネス副編集長、以下、広野):シリーズ「インタビューで読み解く世界の頭脳」の第1弾は、2019年にノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアビジット・バナジー教授へのインタビューを基にしたセッションを、クイズ形式でお届けしています。解説はアジア開発銀行(ADB)の澤田康幸チーフエコノミストです。

 次のクイズは日本の経済成長の可能性についてです。記事を公開した際には非常に大きな反響がありました。皆さんもクイズにお答えください。クイズの後に続くインタビュー映像が答えとなっています。ではご覧ください。

(以下のプレーヤーの再生ボタンを押すと、クイズと映像が再生されます)

広野:「日本は再び経済成長を加速することができるか」というクイズでした。経済成長はコントロールできない、経済成長を加速するためにできることはあまりないというのが、バナジー教授のお話でしたね。厳密には、「加速することはできない」と言っているのではなく「どうすればいいか分からない」ということです。この辺りを澤田さんに掘り下げて解説していただきましょう。

<span class="fontBold">アビジット・バナジー(Abhijit Banerjee)</span><br>米マサチューセッツ工科大学(MIT)経済学部教授 1961年生まれ。インドのコルカタ大学卒、ジャワハラール・ネルー大学修士課程修了。88年に米ハーバード大学で経済学の博士号(Ph.D.)を取得。2009年インフォシス賞受賞。11年、フォーリンポリシー誌が選ぶ世界の思想家100人に選ばれた。19年、マイケル・クレマー米ハーバード大学経済学部教授(当時)、配偶者でもあるエステル・デュフロ米MIT経済学部教授らとノーベル経済学賞を共同受賞。専門は開発経済学と経済理論。デュフロ教授との最新の共著として『絶望を希望に変える経済学』(日本経済新聞出版)を出版。(写真:Nastasia Verdeil)
アビジット・バナジー(Abhijit Banerjee)
米マサチューセッツ工科大学(MIT)経済学部教授 1961年生まれ。インドのコルカタ大学卒、ジャワハラール・ネルー大学修士課程修了。88年に米ハーバード大学で経済学の博士号(Ph.D.)を取得。2009年インフォシス賞受賞。11年、フォーリンポリシー誌が選ぶ世界の思想家100人に選ばれた。19年、マイケル・クレマー米ハーバード大学経済学部教授(当時)、配偶者でもあるエステル・デュフロ米MIT経済学部教授らとノーベル経済学賞を共同受賞。専門は開発経済学と経済理論。デュフロ教授との最新の共著として『絶望を希望に変える経済学』(日本経済新聞出版)を出版。(写真:Nastasia Verdeil)

澤田康幸・ADBチーフエコノミスト(以下澤田氏):バナジー先生は経済成長率をどう上げたらいいのか分からないという話をされました。これについて、私は少し意見を述べたいところがあります。

 マクロ経済学には経済成長論という分野があり、理論モデルの構築や実証研究には長い歴史があります。1950~60年代には、数理的な経済成長論の分野で稲田献一先生(大阪大学名誉教授、故人)や宇沢弘文先生(東京大学名誉教授、故人)など、日本人の経済学者が国際的に大活躍されました。

 それらの理論・実証研究から、現在、長期の経済成長を維持する源泉は技術進歩であるという見解はコンセンサスがとれています。バナジー先生もその点は少し指摘していましたね。

次ページ 経済成長は技術模倣から始まる