なぜ、バナジー教授はトランプ大統領に憤っているのか

広野:ありがとうございます。他の分野で使われていたRCTを経済学に持ち込み、発展させたことが評価されたわけですね。

 ここでクイズに移ります。私がバナジー教授に取材したのは2020年7月。バナジー教授は家族でフランスに滞在中で、Zoomでの取材になりました。通信環境が若干悪く、映像は粗いですが、バナジー教授へのインタビューから、教授の考えがよく表れている部分を抜き出し、その映像からクイズをつくっています。

 最初のクイズは、トランプ米大統領についてです。バナジー教授はインタビューの際、トランプ政権について不満を漏らしていました。なぜ、バナジー教授はトランプ大統領に憤っていたのでしょうか。

 まずはクイズにお答えください。クイズの後に続く映像に答えがあります。それでは、ご覧ください。

(以下のプレーヤーの再生ボタンを押すと、クイズと映像が再生されます)

広野:皆さん、答えは分かりましたでしょうか。トランプ大統領が経済学に対して、いわれのない批判をしていることに、バナジー教授は怒っていましたね。また、トップクラスの経済学者が議論していることと、一般的に言われていることは全く違うとおっしゃっています。

 澤田さん、これはどういうことなのでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2477文字 / 全文5509文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題