私たちが1日何度もチェックする携帯のアプリ。開発する人たちにとっては、どのようなプロセスでアプリの利用が習慣化されるかを知ることはとりわけ重要だ。米国のコンサルティング会社ローカリティックスの調査によると、ダウンロードされたアプリのうち26%が1回しか開かれないという。それを解決するヒントが、先に紹介したユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究結果だ。

ハードルを下げて使用頻度を増やす

 すなわち、ハードルを下げて小さい努力レベルでも使えるようにし、使用頻度を増やさせることによって習慣化を早めることが重要であることを示唆している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4220文字 / 全文5979文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新しい経済の教科書 Lesson 5 行動経済学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。