(2015年1月26日の日経ビジネスオンラインに公開した記事を再編集しました。文中の肩書などは掲載当時のものです)

no

 少し前のことになるが、昨年(編集部注:2014年)5月、1992年のノーベル経済学賞受賞者である米シカゴ大学のゲーリー・ベッカーが逝去した。彼は、労働経済学、家族の経済学、教育の経済学、政治経済学など応用経済学の分野において基本的な問題提起となる研究を数多く残し、その後の経済学研究に大きなインパクトを与えた。先だって来日したノーベル賞経済学者ジェームズ・ヘックマンや『ヤバい経済学』の共著者として知られるスティーヴン・レヴィットなど、現在活躍している世界的な経済学者も、ベッカーの影響を受けた人たちだ。

経済学界で厳しく批判され続けたベッカー

 しかしベッカーほど、経済学界の内外で批判を受けてきた経済学者も少なかった。それは彼自身や彼の影響を受けた研究が必ずしも広く読まれてこなかった日本で、さらに著しい。筆者は経済学を学びにシカゴ大学に留学したが、当初は積極的な選択ではなかった。

 しかしすぐに、日本でのベッカーに対する批判は完全に的外れであることを認識し、彼の下で博士論文を書き上げ、経済学者の端くれとなるに至ったのである。

 ここでは個人的体験も交えつつ、彼が経済学界でなぜ誤解されてきたのか、それでも批判を恐れなかった彼の研究スタイルとその背景、さらには彼が現代の経済学に与え続けている多大なる影響について紹介したい。

ベッカーを厳しく批判した宇沢弘文

 90年に留学するまでほぼ独学で経済学を勉強していた筆者にとって、シカゴ大学は「極端な」経済学を信奉する者の総本山として有名であった。

 日本の主要な経済学者は総じて「シカゴ学派」を非現実的と批判していたが、その中で最も影響力があったのは、昨年9月に亡くなった、我が国を代表する経済学者であった宇沢弘文著の『経済学の考え方』だったと思う。私自身、ベッカーの名前をその本で知ったほどだ。

 そこでは、ベッカーが「教育の経済学」「人種差別の経済学」「犯罪の経済学」「結婚の経済学」など、人間のあらゆる行動を合理的経済人という視点に立って説明しようとしていると述べられ、ミルトン・フリードマンの反ケインズ経済学と共に「理論的前提条件の非現実性、政策的偏向性、結論の反社会性」をその共通の特徴として持っている、と論じられていた。

 その論調は、筆者が、シカゴ大学などに行ったら日本で就職できないだろう、と真剣に悩んだほど厳しいものだった。当時は、日本における宇沢の社会的評価が、結果的に日本におけるベッカーの評価をほぼ決定づけていたといっても過言ではなかろう。

 もちろん世界的に見ても、ベッカーを批判していたのは宇沢に限らない。日本でも著名なポール・サミュエルソンをはじめ、ベッカーを批判する一流経済学者は数知れなかった。

次ページ 研究はinterestingかimportantでなければならない