自動運転、ライドシェア、空飛ぶタクシーなど「CASE」と総称される新しい形のモビリティーサービスが話題だ。本稿では経済学のマッチング理論をCASEに生かすと、世の中がどう変わっていくかを考察したい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3154文字 / 全文3176文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新しい経済の教科書 Lesson1 マーケットデザイン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。