全401文字

 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済や社会をどう変えるのか。コロナ後の世界を見据えた様々な動きを、ゲストと共に日経ビジネス記者が解説していくウェビナーシリーズ。(Raise LIVEで実施したウェビナーのオンデマンド配信)。

 第7回は『ハゲタカ』『売国』など幅広い社会問題を現代に問う小説家の真山仁氏に、「コロナ禍から学べない日本人」について聞いた。コロナウイルス感染症の拡大の影響が諸外国より小さかった日本。それ故、危機感が薄く、新しい働き方や暮らし方の定着が難しい。危機を乗り越えた世界は大きく前進する。日本も国益のために、コロナ禍による変化を緻密に検証し、ニューノーマルに備えなければならない。

■関連記事
「コロナ禍に必要な『ハゲタカ的視点』」 小説家の真山仁氏に聞く

※この講座は日経ビジネスが2020年6月26日に実施したウェビナーの再配信です。有料会員に登録すると動画本編をご覧いただけます。