全531文字

 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済や社会をどう変えるのか。コロナ後の世界を見据えた様々な動きを、日経ビジネスの編集委員や副編集長などが、ときにゲストも招いて解説していくウェビナーシリーズ。(Raise LIVEで実施したウェビナーのオンデマンド配信)。

 第3回は、日経ビジネス編集委員・田村賢司が、生命倫理学を専門とする児玉聡・京都大学大学院准教授に話を聞く。緊急事態宣言が全面解除され、経済再始動への模索が始まった。だが、「経済優先」の政策は、感染の第2波を引き起こす懸念がある。感染者激増で医療崩壊が現実になった欧米では、誰を優先して救うのかという重たい課題が突き付けられた。

■関連記事
新型コロナ治療、「高齢者より若者優先」は正しいか

※この講座は日経ビジネスが2020年6月3日に実施したウェビナーの再配信です。有料会員に登録すると動画本編をご覧いただけます。

>>日経ビジネス電子版の有料会員に申し込む