企業は何のためにあるのか。この古くて新しいテーマを長年、研究してきたのが英オックスフォード大学サイード経営大学院のコリン・メイヤー教授だ。2019年は米国発で株主至上主義に対する疑義が唱えられ、大きなうねりとなっていった。
 そんな潮流の中で、新型コロナウイルスの「災禍」が人類を襲い、企業経営やそこで働くこと、そして社会との関係を見つめ直す機運も高まった。改めて、企業とは何のためにあるのかを問い直す機運も生まれている。
 本連載では、メイヤー教授、長年の共同研究者である早稲田大学の宮島英昭教授と、コーポレートガバナンス研究が専門の早稲田大学・鈴木一功教授にコロナ後の市場経済の在り方について聞いていく。また最後に、2019年11月に日本学術振興会、早稲田大学高等研究所、早稲田大学ビジネススクールなどの共催により早稲田大学日本橋キャンパスの早稲田NEOにおいて開かれた、メイヤー教授の講演録を公開する。(写真左(鈴木一功教授):稲垣純也、背景:PIXTA)