全953文字
サイバーエージェント人事統括の曽山哲人取締役(右)とEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの鵜澤慎一郎パートナー(左)(写真:ドリームムービー)

 グローバル化やデジタル化の急速な進展で、組織のあり方やキャリアの築き方、そして働き方が急速に変わりつつある。ポスト終身雇用時代のサバイバル術を動画で学ぶシリーズ「終身雇用崩壊で変わる組織、キャリア、働き方」の第4回は、サイバーエージェント人事統括の曽山哲人取締役とEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの鵜澤慎一郎パートナーがゲスト。イベントでは、Raise LIVEの「何が組織を腐らせるのか」(担当:大竹剛)というテーマに沿って、“大企業病”に陥らない組織運営を考えた。創業から20年以上を経て、今も新規事業を続々と生み出し続けるサイバーエージェントは、大企業病に陥らないようにどのような取り組みをしているのか。人事、組織に詳しい鵜澤氏と共に、イノベーションの育み方を学ぶ。

■関連記事
サイバーエージェントが経営人材を輩出するワケ
特集「どうする? 働かないおじさん 終身雇用崩壊後のサバイバル」
特集「トヨタも悩む 新50代問題 もうリストラでは解決できない」

※この講座は日経ビジネスが2020年2月に実施したイベント「Raise LIVE」を収録したものです。有料会員に登録すると動画本編(約90分)をご覧いただけます。