セグウェイ:“夢の乗り物”とは言い過ぎだった

[画像のクリックで拡大表示]

 その姿を見せる前から「夢の乗り物、ジンジャー」として世界中で話題をさらったセグウェイを言葉で説明するのは難しい。なぜなら、全く新しい概念、新しい駆動機構の乗り物だからだ。
(出所:日経ビジネス 2004年4月19日号 シリーズ企画 動け!ニッポン「“夢の乗り物”で書類送検 技術革新の行く手を阻む道路規制」)

 2004年前後に一世を風靡した「セグウェイ」という電動スクーターを覚えているでしょうか。人間が2本足で立って操作するという、これまでとは違った見た目には圧倒的なインパクトがあり、様々なメディアがセグウェイを競って取り上げました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り9803文字 / 全文11446文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題