AI(人工知能)に雇用が奪われる未来に言及した2013年の共著論文「雇用の未来」で、世界中に論争を巻き起こした英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授。最終回は、AIが社会課題にどう役に立つかについて洞察する。

※有料会員にご登録いただくとシリーズ全ての動画をご覧いただけます

おすすめ
第1回 自動運転が実現する条件

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1286文字 / 全文1465文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題