AI(人工知能)に雇用が奪われる未来に言及した2013年の共著論文「雇用の未来」で、世界中に論争を巻き起こした英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授。6回目は、機械翻訳が人間の翻訳をどこまで代替できるかについてコメントする。

※有料会員にご登録いただくとシリーズ全ての動画をご覧いただけます。

次の記事
第7回「AIドリブン経済」、政府の介入は必要か

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り847文字 / 全文1041文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題