AI(人工知能)に雇用が奪われる未来に言及した2013年の共著論文「雇用の未来」で、世界中に論争を巻き起こした英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授。以来、AIが急速な進化を遂げる中、ビジネスモデルから働き方、教育まで、人間の生き方は様変わりしていきそうだ。予測し得る人間社会の未来像を、イノベーションの歴史も踏まえながら語る。

※有料会員にご登録いただくとシリーズ全ての動画をご覧いただけます

次の記事
第2回 AIが奪う仕事、奪えない仕事

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1254文字 / 全文1498文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題