AI(人工知能)に雇用が奪われる未来に言及した2013年の共著論文「雇用の未来」で世界中に論争を巻き起こした、英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン機械学習教授。以来、AIが急速な進化を遂げる中で、AIが雇用へもたらす変化に注目が集まっている。ビジネスモデルから働き方、教育まで、社会が様変わりしていきそうな未来。オズボーン教授から見た予測しうる変化を、産業革命以来のイノベーションの歴史も踏まえつつ、解説する。