マーケットに大きな影響を与えてきた企業がある日突然競争から脱落することは珍しいことではなくなった。そうした事実を直視し、消費者のニーズを敏感に察知するだけでなく、強者が何をしようとしているかを意識しながら競争する必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2912文字 / 全文2930文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「文系にも分かる 最新テクノロジービジネス講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。