ヴェルサイユ体制がつくった現在の国際関係の原型

 第1次世界大戦が終わり、パリで講和会議が開かれ、ヴェルサイユ体制が始まります。ドイツの皇帝ヴィルヘルム2世は、キール軍港で水兵が内乱を起こしたとき、鉄道貨車二十数両に王家の宝物を積んでオランダに亡命したといわれています。パリ講和会議を仕切ったのは、アメリカのウッドロー・ウィルソン大統領と大英帝国のロイド・ジョージ首相、フランスのジョルジュ・クレマンソー首相の3人でした。

 ウィルソンは「国際連盟をつくらないとあかん。こんな戦争をやったらあかん。民族は自決しなければあかん」という、理想家肌で常識的で立派な人でした。でも理想家肌の人は、だいたいにおいてディールに弱いでしょう。

 これに対して、フランスのクレマンソーは筋金入りのドイツ嫌い。このチャンスにドイツを二度と起き上がれないように痛めつけてやろうと待ち構えているわけです。めちゃくちゃディールに強く、理想もへったくれもない。ロイド・ジョージは、やはりイギリス人らしい現実主義者ですから、理想家肌で夢のようなことを話しているウィルソンと、がちがちのリアリストのクレマンソーがいたら、クレマンソー側に付きますよね。

 このような構図で始まったヴェルサイユ体制はどうなったか。国際連盟は発足しますが、提唱したアメリカが入らない。「フランスや大英帝国が好き勝手にやっているようなところに入れるか」という理由でアメリカの上院が否決したのです。

 さらにクレマンソーは欲を出して1320億金マルク(金マルクはドイツ帝国で使用された通貨)という賠償をドイツに課します。これは当時の日本の国家予算の40年分です。今の日本の予算は100兆円ですから、40年分といえば4000兆円。当時のドイツ国民1人に対して、赤ちゃんも含めて1000万円以上の負担です。最終的には、30億金マルクぐらいに減額されましたが、いかにむちゃな要求をしたかということです。

 これに対してドイツ国民は「おかしい」と反発します。アメリカが参戦して劣勢にはなっていたけれど、ドイツ国内には一兵たりとも敵兵は入りませんでした。だから、「ロシアには勝ったし、引き分けかな。でも今はちょっと分が悪いから6:4で悪い条件を課せられるのかな」と思っていたところに1人1000万円です。国民は激怒します。そこにナチスが出てくる素地があって、ヒトラーは「ドイツは負けたのではない。後ろからグサリと刺された。ユダヤ人と国際資本の陰謀で、こんなめちゃくちゃな状況になった」という理屈を展開するのです。

 ウィルソンは「民族はすべて自分の国をつくる権利がある」という民族自決の方針を出します。ところがクレマンソーとロイド・ジョージが手を結んで「ドイツとオーストリアと、それからオスマン朝の領土に住んでいた民族は全部独立できるが、勝った俺たちには関係ない」と、ダブルスタンダードの立場を取ります。当然、インドも独立できません。

 このダブルスタンダードに反対したのが、トルコのムスタファ・ケマルです。トルコでもウィルソンの理想に従って、クルド人やアルメニア人が独立を目指します。しかし、ケマルは軍を率いて実力でクルド人やアルメニア人により建国を阻止して、トルコの一体性を守ります。彼はケマル・アタチュルク(トルコの父)と呼ばれ、英雄になりますが、今日のクルド問題とかアルメニア人の問題も、ここから始まっているのです。

 第1次世界大戦は、現在の世界を考える上でめちゃくちゃ大きな影響を及ぼしているのです。見方によっては第2次世界大戦より影響は大きくて、第1次世界大戦が結果的に第2次世界大戦を引き起こした、といえると思います。

 1919年、ドイツではヴァイマール憲法ができ、サンジェルマン条約でオーストリア・ハンガリー帝国は解体されます。1920年のサンレモ会議で大英帝国はイラクとパレスティナ、フランスはシリアとレバノンを手に入れます。それによってこの地にアラブ人の王国をつくろうとしたファイサルの構想は瓦解し、ファイサルはイラク国王になりました。ここに中東の混迷の種がまかれたのです。

 そして中国の上海。ここにはいろいろな租界がありました。いわば列強の植民地です。租界には実は自由があったので、ここで中国共産党が誕生します。1919年4月、韓国の若き独立運動の志士で、やがて大統領になる李承晩が、やはり上海の租界で臨時政府をつくっています。ある意味では上海は自由な街だったのです。中国にありながら租界があった上海には、こういう自由な雰囲気があったということを覚えておいてください。

 一方、ロシアでは、レーニンがロシア革命を起こし、1922年にスターリンがロシア共産党の書記長になってソヴィエト連邦が成立します。

次ページ 国際協調と軍縮の流れに背を向けた日本の暴走