「知の巨人」、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。最終回は第2次大戦後から現在までの世界。「5人のポリス」で世界を仕切るというルーズベルトのビジョンは破れ、冷戦が始まる。米ソは宇宙開発と軍拡を競い、中国では毛沢東による文化大革命が起き経済が停滞する。そのような状況で日本は工業化で復興を遂げ世界第2の経済大国に。その後、中国は鄧小平が実権を握り急速に発展。ソ連ではゴルバチョフが登場し冷戦が終結し、アメリカは軍事技術だったインターネットを民間に開放。冷戦終結とインターネットの登場という変化に対応できなかった日本は打撃を受ける。

 そして、アメリカ同時多発テロで幕を開けた21世紀。リーマン・ショックや東日本大震災など災難続きだが、それでも世界は確実に良くなっている。

2020年5月15日公開の動画を音声化したものです)

■目次
●「5人のポリス」が仲たがいし米ソ冷戦が始まる
●ワシントン-北京枢軸は実現せず。幸運だった日本
●サンフランシスコ講和条約と日本の独立
●米ソの宇宙開発競争とキューバ革命、そしてベルリンの壁
●欧州統合の思想的基盤を作り上げた独仏の和解
●「革命」の夢を追った毛沢東の文化大革命
●キッシンジャーの極秘訪中と米中の深いきずな
●鄧小平が格差を認め、中国を発展させる
●イラン革命とアフガニスタンのゲリラ
●信念の政治家ゴルバチョフと冷戦の終結
●冷戦終結で一番打撃を受けたのは日本
●21世紀はテロで幕を開けたが世界は良くなっている

※本ゼミナールは、「2019年度APU・大分合同新聞講座」を収録・編集したものです

1989年、ベルリンの壁が崩壊した(写真:ユニフォトプレス)
1989年、ベルリンの壁が崩壊した(写真:ユニフォトプレス)

こちらから音声コンテンツを
お楽しみいただけます

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り25文字 / 全文727文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「出口治明の「5000年史」講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

この記事のシリーズ

2020.2.14更新

Powered by リゾーム?