フランス革命が生んだ「保守 vs 革新」のイデオロギー

 ただ、フランス革命は自由、平等、友愛という理念を前面に打ち出し過ぎましたので、それ以外のことも全て頭(理性)で考えました。例えば、1日が24時間というのは計算しにくいと考えて、1日を10時間にしました。1時間60分というのも計算しにくいから、1時間100分にしました。1分も100秒です(十進化時間)。この「革命暦」が1805年まで続いたのですから、すごいですよね。

 でも、このフランス革命に対して、イングランドのエドマンド・バークというおじさんが異を唱えます。バークは、平たくいうと、人間はアホだと考えたわけです。「アホな人間が頭で考えたものなんか使いにくいで」というわけです。要するに人間はそんなに賢くないのだから、今までやってきたことは不都合がない限り認めておけばいいと。つまり、人間の頭を信じない。自由、平等、友愛とか、そんな理念は信じないというのです。

 バークによって近代的な保守主義が始まります。保守とは何かというと、今あるものはとりあえず置いておいて、都合が悪くなったら変えればいいという考え方ですよね。これが保守の根源です。

 これに対する革新というのは、フランス革命の理念がその典型ですが、人間は勉強したら賢くなるんだから、何度でもきちんと考えた方がいいという考えです。きちんと考えたら1日24時間より10時間の方が計算しやすいじゃないかと考えるわけです。だから、革新というのはどちらかといえば、特に困っていないことでも、理性で考えて全部直していこうという考え方です。これが本来の“保守 vs 革新”です。

 フランス革命は人類の歴史の上で本当に影響が大きい。例えば右翼、左翼という言葉もフランス革命のときの議会で、保守的な人が右の方に座っていた、革新的な人が左の方に座っていたのを議長席から見て、右翼、左翼と呼ぶようになったことが淵源です。また、メートル法もウランス革命の産物で、我々の生活にものすごく影響を与えているのです。保守と革新というイデオロギー、それから何よりも国民国家。

 僕たちはみんな日本人だと思っていますよね。でも、江戸時代には日本人という概念はなかったのです。だって薩摩の人は、殿様は島津様だと、俺は島津の人間だと思っていたわけで、誰にも日本人などという発想はないんですよね。何で現在の我々が日本人だと思うかというと、メディアが発達して、みんなが新聞を読んで、「我々日本人は」というからですよね。

 実はネーションステート=国民国家は想像の共同体なのです。だって、知らない人がみんな日本人だと思っているわけでしょう。それは我々の頭の中で同じ日本人という想像の共同体ができているからです。これが国民国家の強さなのですが、これを生み出したのがフランス革命です。

 ナポレオンはエジプトに遠征します。これもナポレオンは敵対するヨーロッパの国々の中で一番しぶといのはイングランドだということを見切っていたわけです。プロイセンやオーストリアやロシアも強敵だが勝てると思っていたわけですね。でも、イングランドはしぶとい。イングランドの心臓部分、富の源泉は何かといえば、インドだということが分かっていたのです。

 「イングランドはインドから富を吸い上げている。だから、インドから追い出さないとあかん」ということで、ナポレオンは実はアフガニスタンのドゥッラーニー朝や、南インドのマイソールに手紙も使者も送って「今こそイングランドを追い出そう」と呼びかけています。自分はエジプトを占拠して、エジプトからインドに行くからという大戦略を練っていたんですね。

 だから、これは決して荒唐無稽な話ではなくて、考えに考えてエジプトを攻めに行っているので、やはりナポレオンは素晴らしい能力を持っていたことに間違いはありません。

この記事はシリーズ「出口治明の「5000年史」講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。