<span class="fontBold">白井 一幸(しらい・かずゆき)</span><br>駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)
白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 北海道日本ハムファイターズに「ビッグボス」こと、新庄剛志監督が就任しました。新庄と同じチームになったのは、私がファイターズで1軍ヘッドコーチをしていた2004年のことです。彼が米国のメジャーから移籍してくるという一報が入ったとき、コーチ室は騒然としました。

 一番多かったのは「扱いづらそうだな」という声でした。私は選手を「扱う」ことなんてできないという信念があったので、みんなに言いました。

 「新庄を扱うことができるのは猛獣使いくらいだよ(笑)。でも、そもそも選手を扱う必要があるの。まして新庄だよ。チームとしてやるべきことは守ってもらうけれど、それ以外は彼が力を発揮できるよう、僕らが協力するほうが大事なんじゃないですか」

 新庄にも「やりたいことを全部やっていいぞ」と話すと、笑いながら「打撃も守備も若い選手の手本になるように頑張ります。手を抜かず、全力で一塁まで走ります」。その宣言通り、開幕からチームをリードしてくれました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り963文字 / 全文1386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。