就職活動は応募者にとって、自分の未来を考える大きな局面。やりがい、成長性、社会貢献の姿勢などを決め手にする応募者が増えている。この変化への対応により、中小企業の採用は勝ち組と負け組への二極化が進む。応募者が自分の成長を実感できる「いい会社」が採用で勝つ時代が来た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2334文字 / 全文4089文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題