人口減少、デジタル化など、事業環境が大きく変わる中、新規事業を模索する中小企業経営者が増えている。頭を軟らかくするヒントをスタートアップの発想に学ぼう。今回登場するのは、価格情報データベースで間接費削減の効率化をするLeaner Technologies(東京・目黒)の大平裕介社長だ。

今月の起業家

Leaner Technologies 社長
大平 裕介
(おおひら・ゆうすけ)氏

1993年千葉県生まれ。2016年に慶應義塾大学理工学部を卒業後、コンサル会社のA.T.カーニー入社。企業のコスト削減に取り組んだ後、19年1月に退社。2月にLeaner Technologiesを創業

 コロナ禍で、コスト削減に力を入れる会社が増えている。ところが、材料費のような原価に直結する経費はネジ1本まで厳しく精査をしても、コピー機の利用費や文具購入費といった間接費では、削減余地が残る会社は多い。

 カタログなどで〝公式価格〟までは比較できても、法人契約による公式価格からの割引額には差があるからだ。

 しかも、従来は調達先に1件ずつ交渉をしないと、割引の実際は分からなかった。

間接資材の購入は専任の担当者がいないことも多く、見積もりが形骸化しがちだ(写真はイメージ)(写真:写真AC)

各社の調達価格を蓄積

 そこで、法人契約による割引も含めた企業の調達価格を比較し、コスト削減余地を分析するサービスを提供するのが、Leaner Technologies(リーナーテクノロジーズ、東京・目黒)だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1077文字 / 全文1672文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。