全7378文字

今、最も注目の経営者といえば、この男を置いてほかにない。ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏だ。中間決算で大赤字を発表するも、委縮する気はさらさらない。AI(人工知能)世界の主導権を握るため、ひた走る。孫氏へのインタビューで、事業家の精神に迫った。

(写真:菊池一郎)

AI時代の新ヒーローは誰か 2代目は自らを追い込め

起業家は事を起こし、事業家は事を成す。経営者は事を治める。かつて、そう聞きました。

 起業家は、ある種クレイジーでなきゃいけないんですよね。今まで存在していないことを生み出す、一般の人々が考えないことを考える。そういう意味では、やや一般からずれた人が、起業家に向いていると思うんですね。

破天荒な言動が問題となり、自ら立ち上げた会社を追われる起業家も多い。そういう人たちはちょっとクレイジー過ぎたと。

 みんなクレイジーなんです。やはり普通の人と違う。そのクレイジーさが、「事を成す」ところまでたどり着かずに終わる場合もあるわけです。でも、起業家としては立派な役割を果たしている。

 スティーブ・ジョブズも若い頃は、クレイジーさゆえにアップルを追い出されたりもしたわけですよね。でも、もう一度戻ってきて立派に「事を成した」。クレイジーな「起業家」が「事業家」に生まれ変わった瞬間です。苦労を体験して、自分の思いがあるからできた。

 言うこともむちゃくちゃだし、行動することもむちゃくちゃだし。でも最初は、むちゃくちゃだっていうぐらいじゃないとね。

そもそも何も始まらない。

 常識を覆すような発想は、むちゃくちゃくらいでないと、なかなか出ないと思うんですよね。アーティストのようなものです。ロックミュージシャンだったりね。

 僕が彼らを大好きだと思うのは、アーティスト的な素晴らしさがあるからです。新しいものをクリエイトしている。クリエイティビティーですよね。そこを僕は高く評価するし、尊敬する。

 ソフトバンク・ビジョン・ファンドでは、これまで約90社に投資していますけれども(2019年11月6日現在)、創業者は皆、ある種の狂気を持っています。その中でもユニコーンレベルにまで成長させるのは、突破力を持っている連中です。そういう連中が1ビリオン(10億ドル)を超える企業価値、つまりユニコーンになる。