<span class="fontBold">白井 一幸(しらい・かずゆき)</span><br>駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)
白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 少し前の話ですが、ある企業から単発の管理職研修を頼まれました。そこで目にした「ネガワールド」に、私はちょっと驚きました。否定的な言葉(ネガティブワード)ばかりが飛び交うのです。

 参加者同士でペアになって仕事について話してもらうと、「予算がない」「人がいない」「時間が足りない」など、できない理由のオンパレードです。参加者の顔を見ると、みんな口は「へ」の字。

 「口角を上げて笑顔で話しましょう。管理職の態度・言葉がネガティブだと部下はたまったものではありませんよ」。研修後半になると参加者の表情も幾分明るくなってきたのでほっとしました。

 1日一緒に過ごしただけですから、実際の社内は違うのかもしれません。社内で交わされる言葉がネガティブなものばかりでは、気力は萎えていきます。経営者も管理職も、上に立つ人間に大事なのは「言葉管理」です。

 どの組織にもゴールがあります。そのゴールに向かうために、上に立つ人間は言葉を選ばなければならない。「あなたが今発した言葉は、メンバーを鼓舞する言葉ですか。それとも、やる気をそぐ言葉ですか」。その問いが常に突きつけられるのです。

 プロ野球のあるチームが連敗していたとき、監督が「連敗脱出のために、明日猛練習します」と記者に答えました。これを聞いた選手はどう思うでしょう。テレビで見ていた私はため息をつきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り789文字 / 全文1368文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。