こんな“困った社員”がいて頭が痛い……など、会社でよくあるトラブルを法律の専門家である弁護士が解決する。第3回のテーマは「採用」。「素晴らしい人材だ!」と飛びつく前に注意すべき点とは。

(写真=PIXTA)

「コロナ解雇」という言葉を目にすることが増えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で破産する企業が増加。企業が破産すれば、社員は当然解雇ということになる。それはいきなり言い渡されることが多い。そのため社員は、突然の解雇に驚きつつも、慌てて求職活動を始めることになる。

 一方、コロナ解雇は見方を変えると、採用に悩む中小企業にとって、人材確保のチャンスといえる。もっとも企業にとって人件費は最大の経費。コロナ禍で増員することへの不安もある。「人は欲しい。されど将来が分からない」という板挟みの中で採用活動を展開していることが多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1234文字 / 全文1600文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。