瀕死の会社を再生させるとき、小手先の策では焼け石に水。従来のビジネスモデルや戦略を大胆に見直す必要がある。メガネスーパーでは「レンズ代0円」からの脱却がその1つだった。

今月の一句
A0を決めた分岐の合宿よゼロ円決別さらば業界


(写真:鈴木愛子)
(写真:鈴木愛子)

 瀕死の会社を再生させるとき、小手先の策では焼け石に水。従来のビジネスモデルや戦略を大胆に見直す必要があります。メガネスーパーの場合、「レンズ代0円」からの脱却がその1つでした。

 そもそもメガネスーパーが苦境に陥ったのは、1990年代後半、SPA(製造小売り)型で、低価格とファッション性を武器にした新興眼鏡チェーンの台頭が大きな要因です。

 加えて、2000年代には「レンズ代0円」をうたうチェーンが現れました。通常、眼鏡の価格はフレームとレンズの料金の合算ですが、価格表示を「レンズ付きのワンプライス」にして、「レンズが無料で付いてくる」という見せ方にしたのです。気づけば、この売り方が業界の標準になっていました。

 自社製造ではなく、高コスト構造だった当社もこれに追従。当然のごとくどんどん利益を吐き出し、最後には債務超過に陥ったというわけです。

 私が社長に就任してから1年、改革の成果は少しずつ出始めましたが、それでもこのままでは到底戦えない状態でした。そこで打ち出したのが、技術力を強みに「眼鏡」より「眼の健康」を売るという戦略でした。この鍵となったのが、14年7月に実施したレンズの有料化。レンズ代0円からの脱却です。

 顧客から見れば大幅な値上げになりますから、「お客様が離れてしまう」と当初、社員からは猛反発を受けました。

続きを読む 2/2

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。