<span class="fontBold">みなみ・けいた</span><br>1985年石川県生まれ。米カリフォルニア大サンディエゴ校経済学部を卒業後、2009年に大和総研に入社。東京都内の外食企業などの勤務を経て13年1月に家業であるチャンピオンカレーに入社。16年10月から3代目の社長に就任(写真:山岸政仁)
みなみ・けいた
1985年石川県生まれ。米カリフォルニア大サンディエゴ校経済学部を卒業後、2009年に大和総研に入社。東京都内の外食企業などの勤務を経て13年1月に家業であるチャンピオンカレーに入社。16年10月から3代目の社長に就任(写真:山岸政仁)
『日の砦』
著者:黒井千次
出版社:講談社
価格:607円(10%税込み)

 今回ご紹介するのは、黒井千次の『日の砦』という連作短編小説です。本連載では、単にビジネスに用立てられるかどうかより少し広い視点から書籍を紹介していますが、この本を通じて考えたいのは、日常で不意に鎌首をもたげる「不安」についてです。本作は「恐らく不安の本質とはこういったものだろう」ということを著者がかなり分かりやすく描いています。

 主人公である群野(むれの)高太郎は東京郊外の国立府中に住んでいます。還暦を過ぎた高太郎と堤子の初老夫婦、その息子である夏男と娘の秋子の4人家族です。高太郎の定年退職を祝い、珍しく家族そろっての食事をホテルで終えたところから第1話が始まります。

 電車で帰ればいいところ、いつしか貴重になってしまった家族そろっての時間を引き延ばそうとタクシーを選び、車内に乗り込みます。家族の満ち足りた空気に加え、食事で供されたワインによる酔いから眠気に襲われる様は、つつましい幸せを感じさせます。

わずかな違和感が不安を生む

 ところが、高太郎が暇にあかせて年配のタクシー運転手に話しかけた辺りから、不安がそっと忍び寄ります。たわいない会話が職歴に及ぶと、運転手は自らの過去を語ることを強く拒絶しました。

 高太郎は気まずさを持て余しつつも、今さら家族に明るい会話を持ちかけるのも気が引けたため、車内は重苦しい沈黙が広がります。

 タクシーが自宅に近づき、堤子が運転手に道を説明し始めると、運転手が地元の神社の名を知っているなど、付近の地理に異常に明るいことが分かってきます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1129文字 / 全文1812文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。