全1256文字
白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 プロ野球界には毎年、才能豊かな選手がたくさん入団してきます。そんな中でも、ひときわ優れた能力を持っていながら、なかなかプロとして芽が出ず、志半ばで引退していく選手も少なくありません。彼らは辞めるときに、こんな言葉を口にします。

 1つは「もっと一生懸命野球に向き合えばよかった」と後悔する人。もう1つは「なんで俺をクビにするんだ!」と怒りをあらわにする人。けがでやむなく球界を去るケースを除けば、引退が決まった瞬間の反応は、この2つに分かれるでしょう。