マスクの大増産で注目されるアイリスオーヤマ(仙台市)。「ピンチが必ずチャンスになる経営」を実践し、今期の売上高は前期比2000億円増の7000億円になる。

 大山健太郎会長が、その経営手法を余すことなく記した最新刊『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み 』では、効率偏重の従来の「経営の王道」を次々に覆している。同書から、真に強い会社をつくるエッセンスを抽出した。


大山健太郎(おおやま・けんたろう)氏
アイリスオーヤマ会長。1945年生まれ。大阪で父親が経営していたプラスチック加工の大山ブロー工業所(1991年にアイリスオーヤマに社名変更)を、父の死に伴って64年、19歳で引き継ぐ。経営者を56年間と長きにわたり務め、生活用品メーカーからLED照明・家電メーカーに業容拡大。2018年会長就任(写真/尾苗清)
<特集全体の目次>
アイリス・大山健太郎会長が猛省したマネジメントの「欠陥」
製品開発力が足りない? ならば全員参加の開発会議を社長が毎週回せ
ユニクロとアイリスの共通点に学び、流通の主導権を握れ
「稼働率7割以下」が成長には最適 アイリス流・瞬発力経営の極意
会議を休むには社長決裁が必要、アイリスの掟
・発売後3年間、アイリスの開発担当社員が収支を見る理由


アイリスオーヤマの利益管理力
発売後3年間、開発担当社員が収支を見る


 新製品をフルスピードで出しながら、一定の利益を確保するには「正確な利益管理」と「確実な計画実行」の仕組みが欠かせない。アイリスでは、明解な根拠がないのに確からしい予測は不可能という理由で、中長期の目標は立てない。対して、予測できる近距離のことは徹底的に細かく管理する。

 アイリスでは、発売3年以内の新製品が営業利益ベースで10%以上の利益を出すことを狙う。特徴は、開発担当社員が製品の発売以降も利益管理をする点だ。

 「利益管理を事業責任者や営業担当者が担うと、目標に達しない場合に、『製品が悪いからだ』と開発のせいにしがち。責任転嫁は組織運営上の大きなロスだ。社内の力をストレスなく需要創出・利益創出に連結させるには、開発担当者に利益管理をしてもらうのがベスト」と大山会長は強調する。

 開発は作る人、営業は売る人、製品の利益管理は管理職の仕事。そんな業務分担が、これまでの「経営の王道」だろうが、アイリスはその常識にも切り込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2145文字 / 全文2998文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。