<span class="fontBold">白井 一幸(しらい・かずゆき)</span><br>駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)
白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 私はプロ野球での指導経験を基に、メンタルトレーニングやチームビルディングの方法を企業などでお伝えしています。では、チームビルディングをすると、そもそも何が変わるのでしょうか。

 10点満点で8点以上の高い個人能力を持つメンバーがそろうAチーム。かたや5点前後の選手ばかりのBチーム。単純に考えれば、Aチームが優勢なのは明らかです。

 Bチームの選手にメンタルトレーニングをして、能力を十分に発揮できるようにすることは大事ですが、短期間のメンタルトレーニングだけでは5点の選手を7点にするのが精いっぱいでしょう。

 そこで「5+5+5」の足し算ではなく、「5×5×5」の掛け算の組織にする。これがチームビルディングです。ただし事前に確かめたいことがあります。引き算、割り算の選手がいないかどうかです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1017文字 / 全文1372文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。