白井一幸(しらい・かずゆき)
白井一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝3回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 今回は、ビジネスの世界でよく使われ、しかも本人はよかれと思って使っていながら、実は弊害を生んでいる言葉をご紹介しましょう。皆さんは部下にこのような言葉をかけたことはないでしょうか。

 「俺が責任を取ってやるから、思い切ってやってこい」

 上司らしい、よい言葉のように感じるかもしれませんね。

 しかし、部下がいざ失敗すると、こんなことを言う上司がいるのです。「あのクライアントの案件には気を付けろと言ったのに。前も同じような失敗をしているだろ。また繰り返すのか。査定に響くからな」

 部下は当然、心の中でこう思います。「えっ、責任を取ってくれると言ったのに……」。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1067文字 / 全文1353文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。